この記事は、そのコンテンツでせい たについて明確にします。 せい たについて学んでいる場合は、この【ゆっくり解説】本当のクズは清太でおばさんは悪くなかった記事でせい たについてRestaurante Sitarを明確にしましょう。

【ゆっくり解説】本当のクズは清太でおばさんは悪くなかったのせい たに関連する内容を最も詳細に覆う

下のビデオを今すぐ見る

SEE ALSO  【白くなる?!】センマイの魅力と捌き方 | 関連するコンテンツの概要センマイ レシピ新しい更新

このWebサイトRestaurante Sitarでは、せい た以外の情報を更新して、自分自身のためにより便利な理解を得ることができます。 RestauranteSitarページで、私たちは常にあなたのために毎日新しい正確なニュースを更新します、 あなたに最も正確な価値をもたらすことを願っています。 ユーザーが最も完全な方法でインターネット上に情報を追加できる。

せい たに関連する情報

日本の国民的アニメの都市伝説やおもしろトリビアをゆっくり解説していきます! 動画が面白かったと思ったら、高評価とコメントで応援していただけるととても励みになります♪ ▼ジブリ関連動画の再生リストはこちら▼ チャンネル登録お願いします 0:00 オープニング 0:47 清太は金持ちだった 5:04 おばさんは悪くない 9:08 高畑勲監督のコメント[Image copyright]©野坂昭之/新潮社、1988年[BGM copyright ( Sound source used on this channel)]DOVA-SYNDROME: 魔王魂: YouTube オーディオ ライブラリの増加。 著作権を侵害する目的で作成されたものではありません。 ※当チャンネルは、作品の魅力を伝えるために厳選したテーマをもとに、オリジナルのシナリオや動画を制作しています。 #ジブリ #都市伝説 #スロー解説

SEE ALSO  【吉祥寺人気 ランチ5店舗 食べ歩きひとり旅女子】ヴィレッジヴァンガードダイナー/SHUTTERS/Pizzeria GG/ 焼肉あかつき/チョップスティックス/lunch/vlog/行列/百名店 | 吉祥寺 ランチ ひとりに関連する情報の概要最も正確

せい たのトピックに関連するいくつかの写真

【ゆっくり解説】本当のクズは清太でおばさんは悪くなかった
【ゆっくり解説】本当のクズは清太でおばさんは悪くなかった

読んでいる【ゆっくり解説】本当のクズは清太でおばさんは悪くなかったに関する情報を発見することに加えて、restaurantesitar.comが毎日更新される詳細情報を読むことができます。

今すぐもっと見る

せい たに関連するいくつかの提案

#ゆっくり解説本当のクズは清太でおばさんは悪くなかった。

ジブリ,都市伝説,ゆっくり解説。

【ゆっくり解説】本当のクズは清太でおばさんは悪くなかった。

せい た。

せい たの知識を持って、Restaurante Sitarが提供することを願っています。それがあなたにとって有用であることを期待して、より多くの情報と新しい知識を持っていることを願っています。。 RestauranteSitarのせい たについての知識を見てくれて心から感謝します。

SEE ALSO  11/8(火)秋の京都観光地さんぽ 伏見稲荷 参道商店街や鳥居/Kyoto Japan-Fushimi inari shrine | 関連文書の概要伏見 稲荷 紅葉最も正確な

36 thoughts on “【ゆっくり解説】本当のクズは清太でおばさんは悪くなかった | すべてのコンテンツはせい たに関する最も詳細なものです

  1. Dr.Memimi says:

    戦争孤児であれだけ頻繁に空襲来てバンバン街も燃やされてる状況で節子1人置いて働きに出ろってのも少し酷な気もしますね、変わり果てた母親の姿を直接見てる訳ですから。お金の価値も低い時代なら家に入れたとてって感じもあるし負担になってると感じて出ていったも少なからずあるのではないかと。苦しい時代背景と未成熟な14歳の心理描写など作品通して凄く考えさせられる作品だと思います。

  2. らぎらぎ says:

    14歳の少年に先のことまで考えられるかどうか…当時は食料物資のほうが価値が高かったからお金じゃどうにも出来なかったんだろう。

  3. 失われた惑星の民チキウ人 says:

    あの時代は軍需工場で働き家族を養うのが正義だった。
    あの時代に「戦争反対!」と言って偉そうにストライキしたらどうなったか?
    左翼が「軍国主義の犬だ!なぜお前達は戦争に反対しなかった!」と言うが、言う通りにしたら妹が餓死した訳です。
    いつの時代も左翼は飢餓を作り出すという皮肉。

  4. 新田実音人 says:

    清太は父親の戦死を知らなかったわけだし、サバイバル生活は父親が復員するまでにするつもりだったのかも。おばさんの下を離れたのは鬱陶しさだけで無く「これ以上迷惑をかけるわけにもいかない」という背伸びした考えもあったのかも。

  5. 紺碧薄紅 says:

    認知症のオカンの介護のために実家に戻ったけど、感謝も何もない、迷惑かけまくり、色々しても苦情しかない、邪魔しかしない、一日中かまわなきゃ通報する。清太よりオカンのほうがひどい。気持ちが無きゃ遠方から帰ってこないでしょ。何でワイが悪者扱いされるのだろう。そういう状況でオカンにキツく当たらない仏様みたいな人がいるのか。いたら会ってみたい。

    たぶん蛍の墓のおばちゃんも同じ心境だと思います。戦争で余裕がない状況で子供二人を預かるやさしい気持ちが無きゃ預からない。相手は仏様じゃなくて人間なんです。そんなのは大人でも理解できない。やさしい人じゃなきゃ理解できない。

  6. Sumomo momomo says:

    せっちゃんたちは良いとこの子だから若干わがままだなと見ていて思ったよ、だけどそれもリアルだなって感じ、そもそも子供だしね…
    仕方ない…
    当時見ていてもオバさんがいじめているという風には見えなかったよ

  7. お米さん says:

    当時の大人目線で語るならそういう見方もできるかもしれない…。
    でも、過酷な環境は精神も疲弊しておかしくなるよ。悲劇の連続で晴太の心が徐々に病んで動けなくなっていってたように感じたよ。
    たとえフィクションでも、被災中の子供相手に自己責任論をぶつけるのは心が痛い。

  8. m macocco says:

    時代が違うから単純に
    こんな子供に働け、訓練行けと押し付けるなんて可哀想…と小さい時に見て思った私は平和な世の中に生きているんだと改めて実感したもんだ。14歳といえば中学2年生。
    親が作った食事を食べて、部活に打ち込み、友達と遊び、暖かい風呂に入ってふかふかのお布団で寝る。そんな私がこの映画を見て周りは意地悪だなぁと思うのは贅沢だけど至極当然なんだろう。
    大人になり
    おばさんの立場や視点からもこの映画を見たとき、こんな余裕がない時代に働く事訓練する事が当たり前の時代に何もしない子に腹がたつ気持ちもわかった。
    でも2人にも生き抜いて欲しかった。戦争は残酷。

  9. 鈴木商店 says:

    2:16 昭和20年の7000円を平成31年(令和元年)に消費者物価指数で置き換えると110万円程だそうです。
    また半年後には新円切替があるので当時は日本の敗戦で円の信用が極端に落ちていた時期だと思います。
    物の取引は物々交換が主流でお金の意味が無かったというのはその通りだと思います。

  10. うさぎ says:

    子供の時、おばさん酷い
    大人になって、清太しっかりしろよ
    妊娠中、見れたもんじゃない
    産後、誰が悪いとかない、戦争が悪い

    あと想像以上に凹む

  11. 竹内雅之助 says:

    何年か前に祖父母の家で親戚達と一緒に見てたけど、似たような年代を生きていた祖父母がただただ可哀想だと言っていた中で、俺が清太に抱いてたもやもやがこの動画でちょっとスッキリした。

    14歳という若さでそもそもが根暗。だから周りを頼れないし、子供だから知識もなくものを盗むことしか出来なかった。時代的にあの結末は当然だったな。

  12. KING FANG says:

    忘れていけないのは彼もまだ子供だということである。子供ながらかんがえて悩んで妹のことを考えながら

  13. 野菜の妖精 says:

    これは解釈が複雑だよな。
    家にいたら何してても、オバサンから怒られると思う。だからといって家を出ても大人の養護がないと生活出来ない。 戦時中、弱者は淘汰されるからな。

  14. Hopper Auk says:

    社会人になってみると、清太のクズっぷりが良く理解できます。

    おばさんは嫌な感じの人ではあるけれど、何も理不尽な事は言っていないんですよね。食糧難で一家の生活で精一杯の時に、居候が2人も増えたら相当な負担でしょう。態度が刺々しくなってしまうのは致し方ない面があります。母の形見の着物を売ったのだって、家賃代わりと考えれば何もおかしな話じゃない。実の子より質を落としているとはいえ、一応食事も出してくれている。嫌味や愚痴は言っても、家を追い出しまではしていません。清太が勝手に出て行ったのです。

    時代が戦時中だから「可哀想」に見えるけれど、冷静に考えると清太は、変なプライドのせいで働けないニートそのものです。少し上司や先輩に注意されるとヘソを曲げて仕事を辞めるのと同じです。

    そして何よりも怖いと感じるのは、妹節子への歪んだ愛情です。清太は節子を、自分の承認欲求を満たすために無意識のうちに利用しています。多分、清太が一人だけだったら、例え肩身が狭くても出て行くまではしない気がするんですよね。出て行けば完全に孤独になってしまう訳ですから。

    節子も肩身の狭い思いをしている、だから節子を助けたい。節子には頼られている、節子が居れば自分は孤独にはならない。そんな思いが、清太を身勝手で無計画な行動に走らせたように思えます。一見すると妹を思いやっているように見えて、その実は、幼くて判断力のない妹を、自分だけの世界の理解あるパートナーに勝手に仕立て上げているのです。

    実の兄妹だからあまり違和感がないですが、清太のメンタルは、「妻・恋人」を称して幼女を自宅に監禁した変質者や、子供を異常な価値観で育てる毒親と同じものを感じます。

  15. mee Yu says:

    おばさんの気持ちもいま今ならわかるな。例えば同じナマポでも何とか自立しようと頑張ってたり本当に困窮してる人と、もらって当然、色々無料最高、一生ニート、もっとよこせの態度の奴だと前者は応援したくなるけど後者はクソ腹立つしな。

  16. Jesus Christ says:

    お母さんもお父さんもなくなったんだぞ。清太おらんかったら節子一人になるやん。
    一人にさせたらって思うやん。
    兄として妹守ろうとしただけやん。

  17. Ringo Star says:

    うまく言えないけど、大人になっておばさんにも同情の余地あると思うようにもなったけど、子供の頃に感じたこのおばさん嫌な人って感覚も大事な気がして、その気持ちも忘れたくない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です