この記事の情報では魚 醤 作り方について説明します。 魚 醤 作り方に興味がある場合は、この魚醤の作り方【仕込み】 " Garum "の記事で魚 醤 作り方についてRestauranteSitarを探りましょう。

魚醤の作り方【仕込み】 " Garum "の魚 醤 作り方に関連する情報の概要最も正確

下のビデオを今すぐ見る

SEE ALSO  【作り置き】自家製スンドゥブの素。食べたい時にすぐ純豆腐。 | スンドゥブ の 素 作り方に関連する一般的な内容が最も正確です

このウェブサイトRestauranteSitarでは、魚 醤 作り方以外の知識を更新できます。 ウェブサイトRestauranteSitarで、私たちはあなたのために毎日毎日常に新しい情報を公開します、 あなたに最も正確な知識を提供したいと思っています。 ユーザーがインターネット上の理解をできるだけ早く更新することができます。

いくつかの説明はトピックに関連しています魚 醤 作り方

主人が作る魚醤のリクエストが多かったので、今回は簡単に作り方を動画にしました。[Playlist]●夏の料理 ●魚・肉料理 ●野菜料理 ●パスタ・リゾット ●ピザ・パン ●簡単スイーツ ●イタリアの生活を語る ●イタリアの生活 Vlog ————— — —————————————-Daikiのダンスチャンネルはこちら #魚醤 #自家製

SEE ALSO  1年前の牛肉を食べてみた | 最も完全な肉 冷凍 半年コンテンツの概要

魚 醤 作り方に関する情報に関連するいくつかの画像

魚醤の作り方【仕込み】 " Garum "
魚醤の作り方【仕込み】 " Garum "

学習している魚醤の作り方【仕込み】 " Garum "の内容を理解することに加えて、restaurantesitar.comが継続的に下に投稿した他のトピックを調べることができます。

詳細はこちら

一部のキーワードは魚 醤 作り方に関連しています

#魚醤の作り方仕込み #quot #Garum #quot。

SEE ALSO  【極旨】寒い季節に最高!スパイス香る究極のカレー鍋♪ゆる吞みキッチン第113回 | カレー 鍋 レシピ カレー 粉の最も正確な知識の概要

イタリア料理,イタリアン,レシピ,ガルム,魚醤,ナンプラー,自家製,手作り。

魚醤の作り方【仕込み】 " Garum "。

魚 醤 作り方。

魚 醤 作り方の内容により、RestauranteSitarがあなたがより多くの情報と新しい知識を持っているのを助けることを願っています。。 restaurantesitar.comの魚 醤 作り方についての記事を読んでくれて心から感謝します。

33 thoughts on “魚醤の作り方【仕込み】 " Garum " | 魚 醤 作り方に関するコンテンツを最も正確にカバーします

  1. Norma says:

    前にこの動画を見た時に凄い手間暇がかかるな~、凄い夫婦だわと感心していました。
    話は変わって、私はアンチョビが大好きなのですが高いですよね😑
    昔、自家製アンチョビを作った時に陽のあたる場所に置いておき、出来たと思ってガラス瓶の蓋を開けてアンチョビを取り出そうとしたらアンチョビがドロドロに溶けてしまって泣く泣く捨てました。
    アンチョビペーストとして使えるように上手く塩と分けて取り除く事が出来ない程ドッロドロでした。

    内蔵を取り除いてから塩漬けする方法と内蔵が良い旨味を出すから丸ごと塩漬けする方法と色々あってどれを選んだら良いのか??

    魚の値段が安いうちに備蓄の為に自家製アンチョビにチャレンジしたいと思っています。

    Ps、過去にエウ○スピンの大瓶アンチョビを買ったらダメでした。パスタソースを作る時に普通のアンチョビって火が通ると簡単に溶けていきますよね?○ウロスピンのは溶けない、全然ダメでした。一瞬、見た目はアンチョビだけどなんか別の食品か?って思うくらい😑

  2. 月下美人 says:

    おはようございます😊さかのぼって動画を見てます♪私は秋田に住んでいますがハタハタで魚醤(塩魚汁)を作っていてお店で売っています。イワシとイカのハラワタでの魚醤も良いですね♪

  3. Hiroko KIMURA says:

    ベランダから青い海が見えますね!地中海?すてきです。なんだかイタリアのお友だちの家に遊びに行ったみたいで、得した気分です。ありがとうございます!

  4. TAKAKO says:

    私ももう、魚しょうと、アンチョビーにチャレンジしていますよ。
    それから、イタリア移民の多いこの国では、イタリア料理は、普通に食べています。もちろん、材料も手に入る物が結構多いです。イタリアあざみは「アオカショフラ」と言って、サンパウロの高原では、日本人の農家の方が、栽培されていました。ほろ苦くて大人の味ですね。私も、大好きです。

  5. Midorina says:

    最近こちらの動画に出会いました。私はスペインのアンダルシアのカディス県在住で、我が家から50キロほど南下したところに、Barlo Claudia Boloniaという古代ローマ帝国の遺跡があります。そこはガルムの生産で栄えた町だったということで、当時ははるばるローマまで輸出していたそうです。ガルムは現在でも使われているのですね。手作りの動画を見て感動しました。ちなみにスペイン料理では魚醤は使われていません。不思議ですね。出来上がりの動画も楽しみにしております。

  6. lawrence5153 says:

    Mihoさんは既にご存知でしょうが、粗塩の不思議なパワーは魚・海鮮物の生臭さを30分程度で消滅させるのです。魚を捌いたりしてまな板や手が生臭くなるので魚を捌きたくないと云う方は、粗塩をまな板に擦り付け15〜30分程度、あるいは手にこすりつけて置いて水洗いすれば臭みが抜けます。魚だけでなくチキンでも塩を振り15〜30分程度置けば臭みが消えます。

  7. lawrence5153 says:

    Mihoさんのご主人ならイカの塩辛も出来ますね。基本的には同じ様な感じで塩辛を作りますが、一晩、二晩程度で食べれます。それとMihoさんにイカスミのパスタも試していただきたいです。私はズボラですから、イカスミを練りこんだパスタ(Spaghetti)で作るんですが、これが絶品です。しかも健康にも良いから、正に、Mamma Mia!ですよ。

  8. lawrence5153 says:

    4:40 こう云う感じでダイニング・テーブルやちゃぶ台に置いた食べ物にネットを被せてましたよね、昭和の風景ですね。懐かしいねぇ〜。

  9. mon ishi says:

    旦那さまも凄いですね〜魚醤てイタリアでは自家製なんですか。ほぼ塩分なんですね。お醤油作り初めて見ました。

  10. gokigen summer says:

    Ciao❣️イタリアにも魚醤があったのですね!やっぱり魚醤ソースのパスタが食べてみたいです✨。
    ベランダから見える景色は最高ですな!
    イタリア行きたい🇮🇹

  11. Peach says:

    外に出すのですね〜びっくり!傷んだような香りはないのですね。
    イワシマリネもさっそく作ってみたいです。ガーリックが入るのがおいしそう✨日本のイワシは小さなものは手に入りづらいのですが、Mihoさんは皮は引いていなかったですよね。大きいものは皮を取ったほうが良いのかなと迷います☺️

  12. Kyoko Pierce says:

    食材を無駄にせず、知恵とハードワークで貴重な調味料を作られるご主人は素晴らしい方ですねっ😊 ミホさんも素敵です💗 いつもとても楽しく勉強させて頂いてます。有難うございます✨🌸🌈

  13. Eri Whitelaw says:

    二度目のコメントすみません。
    https://www.instagram.com/p/BoHeJxzgW_y/?igshid=1ftr0ua2zxivy
    ↑ロンドンに安くて美味しいと人気のイタリアンレストランがあるのですが、この丸いトリュフが乗ったパスタ?をご存知ですか?美味しくて美味しくて作りたいのですがシチリア?の料理なんですかね。丸い形のしたパスタ?が全部絶品でもしお時間ありましたら是非お願いします🥺

  14. Taka Taka says:

    こんにちは! 魚醬 待っていました! 
    日の当たるところに3ヶ月 どうなるんだろう 楽しみです。
    お魚のお料理もお願いします。

  15. magnificentrevue says:

    魚醬(Garum)も作られるのは凄いですし、ポンペイや古代ローマ時代から変わらない文化を守っていらして素晴らしいです。
    ガルムについても興味があり、魚醬も好きなのでMihoさんが取り上げてくださって嬉しいです。

    また、地中海地域の歴史とクラシック映画も好きでイタリアで1950~1960年代に大量生産された史劇映画もネットで見ているので、Mihoさんにポンペイや古代ローマ時代のレシピも教えていただきたいです。

  16. says:

    塩の作用だけで腐らないとは改めて塩ってすごい!魚の内臓を陽に当てて3ヶ月放置なんて、どんな悪臭を放つのかと想像しますがwww
    出来上がりが楽しみです。めっちゃ興味あります。

  17. parkhyonwoo75 says:

    うわぁ!楽しい貴重な動画!ハーブと岩塩にザルは想定外でした。
    漬けこんで濾すのかと想像してたので。出来上がりも楽しみにしてますね。

  18. 村本つぐみ says:

    魚醤って、すごくたくさん塩を使うんですね。魚の内臓やイカ。魚の油って緑色なんですね~✨初めて見ました・・・(○_○)!!

  19. 菊池小麟 says:

    海辺の街の景色も堪能しています。イワシのマリネ、少し大きめのイワシでつくってみました。塩気が効いて美味しいですね。玉ねぎのマリネとトマトと一緒に食しました。

  20. rikako says:

    パパさんは何でもできるんですね!スゴいなぁ。日本でも粗塩が安く買えたらいいですが、結構お高いかも😢

  21. fumi kaidou says:

    う〜〜〜ん⁉️ 驚きました!(◎_◎;) 絶句 です!(◎_◎;)‼️ わたしより随分年下のご主人がここまでされるとは⁉️
    私は、九州の方に住んでいまして、味噌は作っても、魚醤の文化はなかったように思います。感服いたしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です