この記事は、そのコンテンツで牛 の 心臓について明確にします。 牛 の 心臓に興味がある場合は、この死亡した牛の心臓の記事で牛 の 心臓についてRestaurante Sitarを探りましょう。

死亡した牛の心臓更新の牛 の 心臓に関連するビデオの概要

下のビデオを今すぐ見る

SEE ALSO  高田馬場の商店街【さかえ通り】の夜の様子|Shopping street "Sakae-dori" in Takadanobaba Tokyo [4K GoProHero8 Jan.2020] | 最も完全な栄 通り情報の概要

このWebサイトRestauranteSitarでは、牛 の 心臓以外の他の情報を追加して、より有用なデータを自分で提供できます。 WebサイトRestaurante Sitarでは、ユーザー向けに毎日新しい正確なニュースを継続的に投稿しています、 あなたのために最も完全な価値を提供したいという願望を持って。 ユーザーがインターネット上の理解をできるだけ早く更新することができます。

トピックに関連するいくつかの内容牛 の 心臓

皆様、今日はお元気ですか? シェパード蓮沼浩史。 この動画は、前回紹介した胸筋の冷間浮腫と頸静脈の膨張を伴う牛の剖検動画です。 残念ながら牛は死亡したため、その場で剖検が行われました。 血液検査では、白血球が約4000で、リンパ球の割合が約40%であることが示されています。 顕微鏡で調べても白血球の形に明らかな異常は見られませんでしたので、牛伝染性リンパ腫の可能性は低いですね。 ? 私は期待していました。 当時のシェパードの会議では、ある種の心膜腫瘍が原因であると推測されました。 剖検により、心臓を取り囲む奇妙な腫瘍が明らかになりました。 心エコー検査を行ったところ、心臓が見えませんでした。 原因はこの厚い腫瘍層にあると確信しています。 しかし、この腫瘍の組織を病理検査に出したところ、結果は……「B細胞性リンパ腫」でした。 検査で判明。 実は牛伝染性リンパ腫の疑いは低いと思っていたので、ELISAによる抗体検査は行いませんでした。 したがって、牛伝染性リンパ腫の確定診断ではなく、B細胞性リンパ腫の診断となります。 まぁ、ELISAしたらきっと陽性なので牛伝染性リンパ腫の可能性が高いと思いますが…は低かったが、私は間違っていた。 まだまだ修行が足りない。 診断の精度を上げるために、さらなる努力が必要です。 チミジンキナーゼとLDHを測定したほうがよかったかもしれません。 しかし、剖検を行い、確定診断することの重要性を再確認できた非常に重要な症例でした。 お忙しい中、快く病理検査を受けてくださった鹿児島県北薩と中央ケボの医師の皆様、本当にありがとうございました。 シェパードの蓮沼浩です! またね~~~

SEE ALSO  【秦野】秦野の名水で作っているパン屋🍞丹沢ベーカリ🍞さんの食パンが欲しい! | 最も完全な関連コンテンツ秦野 パン 屋をカバーしました

いくつかの写真は牛 の 心臓の内容に関連しています

死亡した牛の心臓
死亡した牛の心臓

読んでいる死亡した牛の心臓のコンテンツを追跡することに加えて、RestauranteSitarが毎日下のrestaurantesitar.comを更新する他のコンテンツを見つけることができます。

ニュースの詳細はこちら

牛 の 心臓に関連する提案

#死亡した牛の心臓。

[vid_tags]。

死亡した牛の心臓。

牛 の 心臓。

Restaurante Sitarが提供する牛 の 心臓についての情報を使用して、より多くの情報と新しい知識が得られることを願っています。。 restaurantesitar.comの牛 の 心臓の内容をご覧いただきありがとうございます。

SEE ALSO  【北海道】新千歳空港で楽しむ北海道グルメ(165) | 新 千歳 空港 朝食に関する情報を最も正確にカバーします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です