すべての仏教徒の子供の見解では、インドはブッダの神聖な国です。 5000 年以上の歴史を持つこの謎めいたガンジス川の偉大な文明は、数多くの優れた文化財を生み出してきました。 そのため、各ゲストは、この謎めいた国について学ぶ途中で、多くの興味深い出会いを期待するかもしれません. ブッダの国のどの観光スポットが最も魅力的かをレストラン シタールで見つけてください

タージマハル

タージマハル
タージマハル

全世界で最も素晴らしい芸術作品の 1 つであるタージ マハル コンプレックスは、インド北部の都市アグラにあります。 その素晴らしさに貢献するタージ マハルのユニークな品質は、1 日を通して色合いが変化することです。 寺院を建てるために、当時世界中から白い大理石と宝石が輸入されたため、世界で最も大きく、最も豪華な建造物の 1 つです。 さらに、タージ・マハルの作成者であるシャー・ジャハーン王と彼の亡くなった妻との間の恐ろしい愛の物語も神話です. この悲劇的なラブ ストーリーは、石に刻まれた愛の詩であり、タージ マハルに独特の美しさを与えています。

SEE ALSO  日本旅行で見逃せないトップ10の場所

デリーの首都

デリーの首都
デリーの首都

首都ニューデリーは、訪問者がインドを旅行したいときに無視できない素晴らしい場所です。 これは世界で最も古い都市の 1 つであるため、ここを訪れるすべての訪問者は、都市内の古代の美しさとダイナミックでモダンな美しさとの調和を感じることができます。 首都ニューデリーを訪れると、今日まで生き残った建築物や考古学的モニュメントを通して、ガンジス文明の古代史を伝える豊かな文化に感嘆する機会があります。 ニューデリーの魅力的な美しさに誰もが恋に落ちる有名な場所は、レッド フォート デリー、フマユーン廟、ロディ ガーデン、大統領官邸、インド門などです。..

ムンバイのショッピングパラダイス

ムンバイのショッピングパラダイス
ムンバイのショッピングパラダイス

ムンバイ市は、高級でユニークな手作り品が好きなら、完璧なショッピングの目的地です。 ムンバイはインドで最も人口の多い都市であり、世界で最も有名な映画産業の 1 つであるボリウッドの本拠地です。 これらは、見逃すことのできない 2 つの最も優れた機能です。 ムンバイは「ショッピング パラダイス」として知られています。これは、すべての観光客が手頃な価格で特徴的なインドの商品を提供することを専門とするいくつかの大小の店に出会うからです。 さらに、ムンバイは、凱旋門、マラバルの丘、サンジャイ ガンジー国立公園、インドで人気の観光地であるエレファンタ洞窟など、さまざまな素晴らしい景観を持つ有名な場所です。 ムンバイ、インド。

アジャンタの洞窟

アジャンタの洞窟
アジャンタの洞窟

インドへの仏教徒旅行者にとって、洞窟寺院としても知られるアジャンタ洞窟群は、間違いなく特別で神聖な場所になるでしょう。 仏教の信奉者たちは、宗教の最も繁栄した時代にあらゆる点で完璧な、壮大で壮大な傑作を生み出すために、情熱と巧みな創造的スキルを使用しました. しばらく忘れられていたように見えたアジャンタ石窟寺院が、仏教の子供たちの想像力の中で再び壮大かつ敬虔に姿を現しました。 訪問者は、デカン高原の太古の森の奥深くに隠された 30 を超える大小の洞窟で、ブッダの悟りの道とインディアンの生活に関する絵画や彫刻を観察し、それらに敬意を表する機会があります。 古来からの仏教思想。

SEE ALSO  ドバイで最も有名な観光スポット トップ 10

カシミール市

カシミール市
カシミール市

インド北西部に位置するカシミールは、「地上の楽園」という異名を持ち、その優美で夢のような素晴らしさで知られています。 自然と歴史と人類が見事に共存することで生み出された、息をのむほど美しい自然の傑作。 カシミールの穏やかな谷を訪れるすべての訪問者は、冬には雪に覆われたきらめく魅惑的な山々の前で「息を止め」、夏にはスリナガ川でボートに乗って楽園に浸かる感覚を味わう必要があります。 さらに、これは歴史的にインドの主要な宗教であるヒンズー教と仏教の両方の影響を受けてきた聖地です。

シムラー市

シムラー市
シムラー市

シムラーは、20 世紀にインドがまだ大英帝国の植民地だった時代の歴史的建造物です。 そのため、都会の建築のノスタルジックな美しさは、大胆な美しさをもたらします。 ヨーロッパ物質。 観光客がシムラーを訪れる際に見逃せない最も有名な場所は、イギリス人によって建てられたキリスト教会です。 キリストに加えて、ヴァイスリアル ロッジ城、ヒマラヤ バード パーク、…

インペリアルシティ – ジャイプール

インペリアルシティ - ジャイプール
インペリアルシティ – ジャイプール

過去には、インドの首都は歴史的な都市ジャイプールにありました。 ジャイプールは、商業都市の形をした古い建築物により、古代からインドの文化的および経済的交流の中心地として有名でした。 この都市は、「ピンクシティ」という非常に甘く繊細なモニカを持つことでも有名です。 英国の王子アルバートがこの街を訪れたことから、その名がつきました。 王子を迎えるために、地元の人々はこの地域のすべての建造物や住居をピンク色に塗りました。 ジャイプールへの訪問者は、市内で最も有名な観光ランドマークであるハワ・マハル宮殿の壮観で豊かな素晴らしさに驚かされる可能性があります。 ジャイプールは、時代遅れの慣習と現代性の多様で豊かな統合であると言えるかもしれません。

SEE ALSO  ノルウェーで最も人気のある観光スポット トップ 10

ゴア – 美しいビーチ

ゴア - 美しいビーチ
ゴア – 美しいビーチ

文化と自然の美しさが見事に融合したゴアは、歴史、建築、自然環境に興味のある人にとって素晴らしい目的地です。 ゴアを訪れるすべての旅行者は、暖かい日差しが降り注ぐ絵のように美しいビーチと魅力的な教会を気に入るはずです。 誰もがこのコミュニティの温かい親しみやすさと明るい住民に特に感謝しています。 ゴアを訪れると、ウォーター スポーツ、ビーチでのショッピング、毎晩の楽しいダンスなど、さまざまなスリリングなアウトドア アクティビティに参加できます。

寺院都市マハーバリプラム

寺院都市マハーバリプラム
寺院都市マハーバリプラム

南インドでは、マハーバリプラムは先史芸術の震源地と見なされています。 街への訪問者は、その非常に珍しい古い寺院と巨大なレリーフの下に隠されている神秘的な芸術を鑑賞することができます. 古代彫刻について学ぶのが好きな人にとって、ここは必見の場所です。そのため、ユネスコがマハーバリ プランの壮大な寺院を世界遺産に指定したことは驚くべきことではありません。

ガンジス川

ガンジス川
ガンジス川

ガンジス川は、すべてのインディアンの心の中にある神聖な泉であり、この古代国家の主要な信仰のすべてが始まった場所です。 ブッダの生誕地への巡礼中のガンジス川の訪問は、歴史の神秘を掘り下げるのが好きな人にとって人気のある目的地になるでしょう. 訪問者は、そこに旅行したことがある場合、夜明けに伝説のガンジス川沿いの洗礼式で村人に参加することができます. 夜の活気ある環境と交流し、伝統的なインドの儀式行為を通じて精神的なつながりを深める機会を得ます。 さらに、旅行者は、ガンジス川のほとりにある穏やかなヒンズー教の聖地、バラナシに行くことを拒むことができません。

インド – 精神性と人間の信念の源であり、自然と人々の最高の傑作を備えた観光地です。 ブッダの国インドへの巡礼は、ここに来るすべての訪問者の魂の中で、きっとユニークで忘れられない経験になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。