記事の内容についてはバリア フリー レストランについて説明します。 バリア フリー レストランを探しているなら、この車いすが多数派? “健常者”が利用しにくい「飲食店」 『the SOCIAL』傑作選(2020年2月18日放送より)の記事でこのバリア フリー レストランについてrestaurantesitar.comを明確にしましょう。

目次

車いすが多数派? “健常者”が利用しにくい「飲食店」 『the SOCIAL』傑作選(2020年2月18日放送より)のバリア フリー レストランに関連する内容の概要

下のビデオを今すぐ見る

このRestaurante Sitarウェブサイトでは、バリア フリー レストラン以外の知識を更新して、より価値のあるデータを持っていることができます。 WebサイトRestaurante Sitarでは、ユーザー向けに毎日新しい正確なコンテンツを継続的に更新します、 最も完全な知識をあなたにもたらすことを願っています。 ユーザーがインターネット上の情報をできるだけ早くキャプチャできるのを支援する。

SEE ALSO  【埼玉グルメ】秩父くるみそば 訪れたら絶対食べたい名物そば | 新しい秩父 くるみ そばコンテンツの更新の概要

トピックに関連する情報バリア フリー レストラン

天井が低く、椅子がなく、床が滑らかなレストラン。健常者と車いす利用者の“立場”が逆だったら――(2020年2月18日放送「the SOCIAL」より)日本テレビ報道局SNS Facebook Instagram TikTok ツイッター

バリア フリー レストランのトピックに関連する画像

車いすが多数派? “健常者”が利用しにくい「飲食店」 『the SOCIAL』傑作選(2020年2月18日放送より)
車いすが多数派? “健常者”が利用しにくい「飲食店」 『the SOCIAL』傑作選(2020年2月18日放送より)

読んでいる車いすが多数派? “健常者”が利用しにくい「飲食店」 『the SOCIAL』傑作選(2020年2月18日放送より)に関する情報の追跡に加えて、Restaurante Sitarを継続的に公開する他のトピックを調べることができます。

SEE ALSO  農家れすとらん「しのじの」 | 西 蒲 区 農家 レストランに関連する情報の概要最も詳細な

ここをクリック

一部のキーワードはバリア フリー レストランに関連しています

#車いすが多数派 #健常者が利用しにくい飲食店the #SOCIAL傑作選2020年2月18日放送より。

[vid_tags]。

車いすが多数派? “健常者”が利用しにくい「飲食店」 『the SOCIAL』傑作選(2020年2月18日放送より)。

バリア フリー レストラン。

バリア フリー レストランの知識がRestauranteSitar更新されることで、より新しい情報と知識が得られるのに役立つことを願っています。。 Restaurante Sitarのバリア フリー レストランについての情報を読んでくれてありがとう。

29 thoughts on “車いすが多数派? “健常者”が利用しにくい「飲食店」 『the SOCIAL』傑作選(2020年2月18日放送より) | 新しいバリア フリー レストランコンテンツの更新の概要

  1. 森岡優 says:

    体験をしないと分からない人が多数って事は相手の立場になって考察する気持ちが無いって事に等しい。自分自身が常に相手の立場になって物事を考えて行動出来る人は体験しなくても状況や気持ちが解るからさり気なく自然に当たり前に状況判断をして手を差し伸べる事も出来るし傷付ける言動はしない。日頃から理解しないし理解しようとしないから平気な顔をして傷付ける。暴力って相手の身体に傷を付ける事だけが暴力じゃない。身体の傷は癒やす事は出来るけど、心の傷は癒せない。一生残る傷。体験しないと分からないのは人として未熟な証拠。

  2. 蛇山ステファン says:

    これ、多数派少数派を無視するとしても、特定の属性だけをターゲットにするとそれ以外の属性の人は困るってのが分かりやすくていいな

  3. シャーデンフロイデ says:

    社会が多数派に偏ったことによって窮屈さを覚えた少数派が同じことを多数派にやり返す戦争的なやつかな

  4. ハネ says:

    身体のことだけでなく、少数派になるとき、多数派になるときがある。少数派のときは悔しくなったり、モヤモヤしたことを思い出した。多数派にいるとき無意識でいずに考えたい。

  5. ああ says:

    こういうの見ると、障害者からみたら健常者って皆こんな性悪に見えてんのかな~って思って車椅子ユーザーとの溝が余計深まるんだが… どうせ助けても結局こんなふうに風刺されるわけでしょ?
    悪いとこだけを取り上げすぎてる気がするな

  6. 桜文鳥 says:

    私は面白い試みと思うけど
    一部障がい者の気持ちを思い知れ!とか
    逆な差別意識につながりそうと思うわ
    健常者も車椅子じゃなくてよかった
    親に感謝しないととかいうかもしれないけど

  7. オヤジMINI says:

    二足歩行の方には無料で車椅子を貸し出して、
    二足歩行エリア(多数派仕様)を利用してもらう方が、
    より理解できるのでは?

  8. 鬼義理のマサ says:

    「二足歩行の方ですか?」笑笑 めちゃくちゃひねくれてやがんな。笑 そんなんだから理解されないんだよ。

  9. yamanekoshouta says:

    こんな店絶対行きたくない。
    というか、行けないと思う。

    車椅子は使っていないけど、杖は必需品な身体障害者なので、色々と無理。

  10. ベンジン says:

    少数派を尊重しようという発想は裕福だったり心的安心が保たれていないと働かない。日本に生きてるから車椅子に優しくあろうと思う余裕があるだけで、健常者であっても生きるのが過酷な国に生まれたら自分は多数派優先で生きていると思う。
    そういった国で障害のある人ってどういった暮らししてるのか気になりました。

  11. カピバラ says:

    やっぱ車椅子の人とかには何もしないことが一番いいんだと感じる体験ですね

  12. number04 says:

    ??健常者と障害者を煽って関係悪化させるのが狙い?共産党傘下かね?

    意味わからん。普通の店は予算と場所の関係で断ることがあるだけじゃん。つーかこんな店わざわざ健常者は行きたがらないからこないでしょ。

  13. こいしがに says:

    どちらかに偏らせるのは違うと思うけど、住み分けは大切だと思う。障害といっても膨大な種類があるわけで、目の見えない人と耳の聞こえない人と車椅子の人と…なんて全方位に配慮してたらきりが無い。今ある店にバリアフリーを求めるんじゃなくて、それぞれの障害者の方が使いやすいお店がそれぞれの障害者の方の数と同じ割合出来たらそれでいいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です